So-net無料ブログ作成

シアターキューブリック二次元スクリーン劇場 featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~ [「二次元スクリーン劇場」]

★2019年6月  宮沢賢治モチーフの2作品を再び大スクリーンで上映!!★

◆◇◆ チケット絶賛発売中! ◆◇◆

topimage01.jpg


シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~

mislogo.png

campalogo.png


2019年6月8日(土)

八広地域プラザ 吾嬬の里(東京都墨田区)


『葡萄酒いろのミストラル』と、昨年11月に上演して大変好評を博した『十二階のカムパネルラ』が、シアターキューブリック二次元スクリーン劇場で楽しめます!

音響効果は生入れしますので劇場での臨場感はそのままに、オープニングダンスや俳優の表情を大大大アップで観られる、劇場とは違うお楽しみが満載!
「劇場での体感は再現不能」という理由でDVD販売をしないシアターキューブリックの劇場公演、もう一度観たい!この人を連れてもう一度!!という方、ぜひシアターキューブリックの二次元の「演劇公演」を堪能してください!!
そして各回でトークショーもセット開催!
劇団メンバーと一緒に楽しい時間を過ごしましょう!


●日時
6/8(土)12:00~
『葡萄酒いろのミストラル』(2012.5上演作品)
 上映[約120分]+終演後トークショー[約30分]

6/8(土)17:00~
『十二階のカムパネルラ』(2018.11上演作品)
 上演前トークショー[約30分]+上映[約120分]

トークショー出演:
シアターキューブリック 高橋茉琴 品川ともみ 眞実

※各回入れ替え制です。
※開場・受付開始は開演の30分前です。
※トークショーは三次元です。約30分程度を予定しています。


●チケット
トークショー付き・全席自由(整理番号あり)・税込
一般前売・当日  ¥3,500
一般2回通し  ¥6,000
学生前売・当日  ¥2,500
学生2回通し  ¥5,000


◆◆ご予約はWEBとお電話で承ります ◆◆
※発売開始 4月9日(火) 20:00~

■WEB〈演劇パス〉https://engeki.jp/pass/events/detail/555
※Paypalを利用したクレジットカード決済でお使いいただけます!
※当日10時まで予約可能。
※スマートフォンアプリをダウンロードしなくてもご利用になれます。

「演劇パス」は、スマートフォン・パソコンで、
チケットの購入から劇場の入場まで行えるペーパーレスの
「電子チケット販売サービス」です。
公演当日はスマートフォンアプリやWEB画面等でチケットをご提示いただき、
ご入場いただくことができます。
※ご利用には会員登録が必要となります。
詳しくは「演劇パス」サイトにて【特徴】【使い方】をご覧ください。
「演劇パス」 http://engeki.jp/pass/
◎お客様の会員登録費・購入手数料は一切かかりません
(※登録・購入等の際のインターネット接続料は別途発生いたします)
◎チケット代のお支払いはクレジットカード決済のみとなります。

「ちょっとわかりづらいな」という方のために...チャート式で!
【チケット購入のご案内】https://qublic-nikki.blog.so-net.ne.jp/2019-04-10

■お電話(13:30~18:00)
070-5592-4003
※整理番号は演劇パスでのご予約の方優先になります。ご了承ください。

ご利用にご不明な点がありましたら
シアターキューブリック info@qublic.net
までお問い合わせください。


●会場 
八広地域プラザ 吾嬬の里(東京都墨田区) アクセス
東京都墨田区八広4-35-17




★☆《上映作品紹介》☆★

『葡萄酒いろのミストラル』の紹介はこちら(ブログ記事リンク)
→→ 「二次元スクリーン劇場『葡萄酒いろのミストラル』って!?」

mistral_ss.png
『葡萄酒いろのミストラル』スペシャルサイト(公演当時)はこちら

2012年5月上演作品。上演時間約2時間。



『十二階のカムパネルラ』の紹介はこちら(ブログ記事リンク)
→→ 「二次元スクリーン劇場『十二階のカムパネルラ』って!?」

campanella_ss.png
『十二階のカムパネルラ』スペシャルサイト(公演当時)はこちら

2018年11月上演作品。上演時間約2時間。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二次元スクリーン劇場『十二階のカムパネルラ』って!? [「二次元スクリーン劇場」]

シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~


campalogo.png

作・演出 緑川憲仁 



『葡萄酒いろのミストラル』に続く、feat.宮沢賢治の二作品目。
賢治の世界観の「広大さ」をテーマにした前作品から、今作品では「深さ」にシフトチェンジし、賢治を愛し続けた高瀬露を主人公に。
「賢治を題材にした映画撮影の現場」という設定で、現代劇のスタイルでありながら、時折古きよき大正浪漫の情緒が漂う物語。
公式メインテーマ岡村孝子氏の爽やかなメロディが、
賢治の世界観とキューブリックファンタジーを絶妙にまとめあげます。
早逝してしまった賢治と、関東大震災であえなく消えた浅草十二階の存在を交錯させながら、繊細かつダイナミックに紡いだビターテイストのクリスマスファンタジー。

(2018年11月上演作品)


Campanella_omote.jpg



●ものがたり

『風の又三郎』『銀河鉄道の夜』などの作品で知られる童話作家・宮沢賢治生誕123年を記念して、賢治をめぐる人々を描く映画が創られることとなった。

『銀河鉄道の女たち』—————。そう題された映画作品には賢治の戀人と言われた「大畠ヤス」という女性と、後の世では"賢治を困らせた女性”と評された「高瀬露」という女性が登場する。その役を演じることとなった女優・小岩井きりは、自分の役どころに不満を持ち、腹いせ紛いのアドリブで重要な絵ハガキを破り捨ててしまう。

「ドッテテドッテテドテテド」

誰かが近づいてくる足音がきこえる。そして「銀河ステーション、銀河ステーション」という、どこかの驛と思しき喧騒に包まれる。次の瞬間、聞き覚えのない女性の声が耳元で囁く、「私、そんなに酷い女……?」
気がついた時には、小岩井きりは自分の肉体から放逐され、周囲の誰も自分の存在に目もくれなくなっていた。そして、自分の肉体はどこかの誰かによって、今までと何ら変わることなく生きているのだった。その誰かとは、映画できりが演じるはずだった高瀬露。
期せずして高瀬露は、自分の役を演じる女優を演じなくてはならなくなった。そして、"賢治を困らせた女性”という後世のイメージで作り上げられた自分自身を。

TOS_5321.JPG

GUUF7110.JPG

TOS_5363.JPG





5104.png
・メインテーマ♪
『世界中メリークリスマス』(岡村孝子)



23786.png・観劇前のオススメ図書
『銀河鉄道の夜』
『双子の星』







【上演記録】

十二階のカムパネルラ

2018年11月21日(水)〜25日(日) 

浅草九劇

【キャスト】
高橋茉琴
片山耀将
谷口礼子
千田剛士
榎本悟
眞実
今氏瑛太
金田理佐子
坂本実紅
佐藤沙予
品川ともみ
千葉太陽
鳥居きらら
藤井優海


【スタッフ】
作・演出 緑川憲仁
振付 森川次朗[ミナゲンキクルー]
舞台美術 八木橋貴之
照明 森規幸[balance,inc.DESIGN]
音響 田上篤志[atSound]
音響操作 田島誠治[Sound Gimmick]
ヘアメイク Limo
衣裳 パンダ舎
舞台監督 宮島雄一郎[ステップステージ]
イラスト なかむらしんいちろう
宣伝美術 廣神法子
宣伝写真 渡辺慎一
WEBデザイン 岡下明宏
記録映像 粕谷晃司
舞台写真 宮内敏行
制作協力 栗原千温[nuclearness合同会社]
製作 一般社団法人シアターキューブリック

【後援】台東区
【協力】(株)コットンフィールズ ワオエージェンシー 演劇ユニットastime
    株式会社フィットワン 株式会社三桂 乱痴気STARTER 劇団新劇団

campanella_ss.png
『十二階のカムパネルラ』スペシャルサイトこちら

※上演記録は公演当時のものです。



シアターキューブリック OFFICIAL SITEへ
▷ http://www.qublic.net/


・・・・・・・・・・

topimage01.jpg

シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~

『葡萄酒いろのミストラル』
『十二階のカムパネルラ』

2019年6月8日(土)
八広地域プラザ 吾嬬の里(東京都墨田区)

☆イベントの詳細・チケットのお求めはこちらをご覧ください。
https://qublic-nikki.blog.so-net.ne.jp/2jigen2019



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二次元スクリーン劇場『葡萄酒いろのミストラル』って!? [「二次元スクリーン劇場」]

シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~


mislogo.png


作品のキャッチコピー「ラブソングは495km———」。
多くの物語を遺した作家・宮沢賢治と強い絆で結ばれた妹トシの愛が、時代を問わずに歌われるラブソングのように、距離や時空を超えて互いを求めあうエネルギッシュな大冒険物語です。
賢治の作品群に投影されているイーハトーブの自然、動物たちの息づかいも物語の随所に散りばめられ、座付作家・緑川憲仁の賢治リスペクトが満載。
作品タイトルの「ミストラル」は、岡村孝子氏のエンディングテーマ「ミストラル~季節風~」から。
2002年初演当時の劇団黎明期に湛えた瑞々しさはそのままに、
2012年5月、キャストを一新し再発表した、シアターキューブリックの顔ともいえる作品です。

(2012年5月上演作品)


mistral_flyer_omote.jpg



●ものがたり

昭和23年春。戦後復興で活気づく東京の片隅に、
家の外へ一歩も出られない引っ込み思案の雌犬「かりん」がいた。
飼い主の少年「ユウキ」は、情けなく思いながらも、
自分のそばを離れられないかりんを可愛く思っていた。
ある日、空から舞い降りてきたたんぽぽの綿毛「しずく」が、かりんをからかう。
しずくに誘われ、おそるおそる野良犬の溜まり場へと足を踏み入れるかりん。
かりんは、怖さの先にある未知の世界の楽しさを知り、
出会った犬たちとの交わりを通じて、まだ見ぬ自分がいることに気づいてゆく。
そして、見上げた雄大な夜空に、眠っていた記憶が星のように光を放ち始める———。


IMG_6721.JPG

IMG_6849.JPG

IMG_7126.JPG





5104.png
・メインテーマ♪
『ミストラル〜季節風〜』(岡村孝子)



23786.png・観劇前のオススメ図書
『銀河鉄道の夜』
『おきなぐさ』







【上演記録】

葡萄酒いろのミストラル

2012年5月23日(水)〜27日(日) 

中野 ザ・ポケット

【キャスト】
市場法子
谷口礼子
片山耀将
伊藤十楽成
千田剛士
松本誠
茂久田恵
大沼優記

山﨑雅志[ホチキス]
小叉ぴろこ[7millions-ナナミリオンズ]
たなか智保[劇団阿佐ヶ谷南南京小僧]
伊禮亜美[劇団fool]
園山ことえ[スーパーグラップラー]


【スタッフ】
舞台監督 矢島健
舞台美術 横尾友広
照明 森規幸[balance,inc.DESIGN]
音響 田上篤志[atSound]
振付 森川次朗
ヘアメイク Limo/守屋悠
衣裳 パンダ舎
宣伝美術 武田和香
イラスト なかむらしんいちろう
宣伝写真・舞台写真 宮内敏行
WEB 岡下明宏
映像記録 築田真由美/笠原梨恵
制作 柴崎貴子/青木衿人
制作プランナー 坂上裕美[AsPLUS]
カンパニーマネージャー 漢名悦子
製作 一般社団法人シアターキューブリック

【協力】墨田区・キラキラ橘商店街/中野区商店街連合会
【後援】岩手県/岩手県教育委員会/花巻市/花巻市教育委員会


mistral_ss.png
『葡萄酒いろのミストラル』スペシャルサイトこちら

※上演記録は公演当時のものです。



シアターキューブリック OFFICIAL SITEへ
▷ http://www.qublic.net/


・・・・・・・・・・

topimage01.jpg

シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~

『葡萄酒いろのミストラル』
『十二階のカムパネルラ』

2019年6月8日(土)
八広地域プラザ 吾嬬の里(東京都墨田区)

☆イベントの詳細・チケットのお求めはこちらをご覧ください。
https://qublic-nikki.blog.so-net.ne.jp/2jigen2019



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二次元スクリーン劇場 featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~チケットのご購入につきまして [「二次元スクリーン劇場」]

4月9日より発売が始まりました、
シアターキューブリック二次元スクリーン劇場
featuring 宮沢賢治~Scenic of Ihatov~
チケットのご購入方法につきまして、チャートで方式でご案内いたします。

①クレジットカードを持っている
→演劇パスでのご購入をお勧めいたしております。
→②へ
 持っていない
→お電話でご予約ください。 
 070-5592-4003(13:30~18:00)
 ※整理番号は演劇パスでのご予約の方優先になります。
  ご了承ください。

②スマートフォンかタブレットかパソコンを使っている
→演劇パスでのご購入をお勧めいたしております。
→③へ
 どれも使っていない
→お電話でご予約ください。
                     
③演劇パスアプリに対応している
→ダウンロードしてご利用いただくと便利です。
→④
 対応していない
→「さっそく始める」からログインしてください。
→⑤

④当日は「マイチケット」からチケットを提示し、
受付でタップをしてご入場ください。

⑤演劇パス画面を持ち歩ける状態である 
→マイチケット画面を受付で提示してご入場ください。
 その際、決済領収書メールもご提示いただく可能性がございます。
 持ち歩けない状態である
→マイチケット画面と決済領収書メールをプリントアウトして
 受付でご提示下さい。


●チケット
トークショー付き・全席自由(整理番号あり)・税込
一般前売・当日  ¥3,500
一般2回通し  ¥6,000
学生前売・当日  ¥2,500
学生2回通し  ¥5,000


◆◆ご予約はWEBとお電話で承ります ◆◆
※発売開始 4月9日(火) 20:00~

■WEB〈演劇パス〉https://engeki.jp/pass/events/detail/555
※Paypalを利用したクレジットカード決済でお使いいただけます!
※当日10時まで予約可能。
※スマートフォンアプリをダウンロードしなくてもご利用になれます。

「演劇パス」は、スマートフォン・パソコンで、
チケットの購入から劇場の入場まで行えるペーパーレスの
「電子チケット販売サービス」です。
公演当日はスマートフォンアプリやWEB画面等でチケットをご提示いただき、
ご入場いただくことができます。
※ご利用には会員登録が必要となります。
詳しくは「演劇パス」サイトにて【特徴】【使い方】をご覧ください。
「演劇パス」 http://engeki.jp/pass/
◎お客様の会員登録費・購入手数料は一切かかりません
(※登録・購入等の際のインターネット接続料は別途発生いたします)
◎チケット代のお支払いはクレジットカード決済のみとなります。

■お電話(13:30~18:00)
070-5592-4003
※整理番号は演劇パスでのご予約の方優先になります。ご了承ください。

ご利用にご不明な点がありましたら シアターキューブリック info@qublic.net までお問い合わせください。
ご予約お待ちいたしております!!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
シアターキューブリック Official Siteはこちら⇒

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。