So-net無料ブログ作成
検索選択

沸々と:片山耀将

こんにちは!

めっきり寒くなってきましたね、、。

夏が終わって、つかの間の秋を過ぎ、冬の気配がすぐそこに。

気付けば、もう11月。

そして、『ドラ街ック商店街』もいよいよ今週末。

『11月のレインリリー』稽古に、その他の打ち合わせ、本当にあっという間に時間は過ぎてしまいます。

劇団員だけでの稽古の空気は、なかなかどうして、面白い。

いつも近くにいるメンバーだからこそきちんとお互いを探っていかないといけない。

そうやっていくなかで、自然とその場の空気があがっていく。

そんな時間を噛み締めて、残り稽古もやっていきます。

どうか、お楽しみにっ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

【残席情報】『11月のレインリリー』(11/8現在) [ドラ街・レインリリー]

シアターキューブリックver.31『11月のレインリリー』

もうまもなく、公演となります!
11/8(現在)の残席情報をお知らせいたします。

開演時間の後ろに残席情報を示した記号がついています。
(◎:お席に余裕あり、〇:お席あります、△:残席わずか、×:満席)
ご参照くださいませ。
_______________________

『11月のレインリリー』
11/12(土) 11:00~ △
11/12(土) 17:00~ △
11/13(日) 14:30~ △
____________________________

チケットご予約の際は注意事項をよくお読みいただき
ご購入いただけますようよろしくお願いいたします。

【チケットに関する注意事項】
■ご予約後のチケットのキャンセル・払い戻しはお受けできません。
■万が一公演中止となった回のチケットは払い戻しをいたします。
 方法につきましては、公演月末日までにオフィシャルページ( http://www.qublic.net/ )にて公開いたします。
■チケットの転売・営利を目的としたお申込みは固くお断りさせて頂きます。
■記載されている出演者情報は2016年11月現在の予定です。
 やむを得ない事情により変更になる可能性がございます。ご了承ください。

【ご観劇に関する注意事項】
■演出上、開演10分前までに必ず受付までご来場ください。
■未就学児の観劇は可能ですが、上演中の周囲へのご配慮をお願いいたします。
■上演中の飲食、喫煙はご遠慮ください。
■上演中の写真撮影、録画、録音などは一切禁止させていただきます。

◆ご予約はこちら◆
☆『11月のレインリリー』チケット取扱い☆
♪劇団web 『11月のレインリリー』公演特設ページ
 毎公演前日まで受付中!
 http://www.qublic.net/rainlily11/

引き続き、ご予約をお待ちしております。
定員数になりましたステージの当日券の販売はございませんので何卒ご了承ください。
レインリリー.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『11月のレインリリー』懐かしいようで新鮮!:千田剛士

『11月のレインリリー』
なかなかの難物ですねーー

今までシアターキューブリックは、銭湯、舟、鉄道…などなど
劇場ではない場所での上演をどしどしやってきましたが、、、

今回の商店街!!!
やっぱりというか、すごいですねーー
とにかく情報量が多い!

みんな、アレやコレや夢想をくりひろげながら
台本を睨みつつ格闘中です〜!

11月のレインリリー_4612_mini.jpg

舞台となるキラキラ橘商店街という所は
とにかく懐古感の強いところ!場所もレトロであり、人も昔ながらの人情たっぷりで
それだけでもうタイムスリップしたかのようなエネルギーに満ちております。
そこに演劇で、さらなる魔法をかけて、現実のようで現実でないそんな楽しみ方を提供できたらなと。
どこにもない新鮮な遊び方を体験にいらしてくださいね。

稽古場はピリピリでもなく、モヤモヤでもなく、グルグルといった感じ。
何がおきるかわからない感覚を僕ら自身、楽しんでいます。
お楽しみに!

11月のレインリリー_605_mini.jpg

僕だけよそ見しておりますが
その先は…

エノ!

11月のレインリリー_9222_mini.jpg

榎本くんも毎日挑戦の日々。大格闘しておりますよ!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

稽古場:谷口礼子

IMG_2912.JPGIMG_2913.JPGIMG_2914.JPGIMG_2915.JPGIMG_2916.JPGIMG_2917.JPGIMG_2918.JPG
谷口礼子です。

『11月のレインリリー』は、お客さんがグループになって商店街を回りながらお話を観ていっていただける仕組みになっています。

なかなか、初めてのことなので、みんな戸惑いながらも、作っています。

いつもは脚本と演出どちらも緑川さんのシアターキューブリックですが、今回は片山さんと奥山さんな脚本部分を担当しているので、演出担当の緑川さんと一緒に脚本を読み解いていくのもまた面白く。
稽古の残り日数は少ないですが、濃厚な作品をお届けできるよう、頑張ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

レインリリーって十回言って!:伊藤十楽成 [ドラ街・11月のレインリリー]

レインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリーレインリリー!


はい! コピペや予測変換を使わずに十回ちゃんと打ち込みましたか~?


では、横浜大洋ホエールズの助っ人外国人といえば!?



そう!レオンリ……あ、モニターかち割るのはやめてください~。



『11月のレインリリー』絶賛稽古中!

DSC_6880.JPG


片山・奥山の二人が共作という形で初の脚本執筆という挑戦をしております。

手書きや毎回不揃いのワープロ打ちを台本を元に、役者たちも意見を伝え、あ~でもないこ~でもない、と試行錯誤を繰り返し、そのたびに着実にグレードをあげてきました。

この二人にしか味わえない、生みの苦しみ。

そして、その瞬間瞬間にリアルに立ち会っていることの不思議。

DSC_6890.JPG

もちろん、そうして苦心して生まれようとしている物語を、しっかり形にするというプレッシャーはありますが。それさえも、キューブリック史上初のこと!なので、しっかり楽しみたいと思います☆



あ、忘れてた。

☆☆ハッピ~ハロウィ~ン☆☆

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

11月のレインリリー稽古始まってます!:榎本 [ドラ街・11月のレインリリー]

みなさま、こんにちは!

葛飾北斎です!

あ、間違えた。榎本です!

そう、つい先日二日間にわたって行われた

墨に夢プロジェクトの葛飾北斎まちあるき

それも終わりました。

そして我々は息つく暇もなく次の準備にとりかかるのです。

そう11月12日・13日に行われる

『キラキラ橘ドラ街ック商店街』

そして、その企画の中で上演される

『11月のレインリリー』

です!

今日はすでに始まっているレインリリーの稽古場の様子をちょこっとご紹介いたします!

さて、稽古場に集まった我々。
今日はお昼からの稽古ということで、まずは身体を起こすための入念なストレッチから。

最近寒くなってきて、どうしても身体が硬くなってくるのでしっかりほぐします。

そして恒例のテンションと身体を温めるシアターゲーム。
今回はせんだみつおゲーム(どんなゲームかは現在お使いのPC・スマホでお調べください(笑))でした!

せんだ!みつお!

「「ナハナハ!」」

そして

ビート!たけし!

「「コマネチ!」」

4人で回していたため、ペースも早く、自分がアクションをする間隔も短いため、
とても集中力が必要でした。

途中何故か4人全員で「「「「コマネチ!!」」」」
といってしまう場面もありました(^_^;)

に、しても、今日の稽古、片山さんの様子が少しおかしい・・・。

せんだみつおゲームでもいつになくミスをしてました。
訳を聞くと、

「寝てない・・・。10秒目をつぶったら寝られる。」

とのこと。

今回片山さんは奥山さんとともに11月のレインリリーの脚本を務めています。
実はまだ完成しておらず、昨日(おそらくおとといも)もほぼ寝ずに執筆していたようです。

・・・そりゃぼーっとするよなー。


アップが終了して早速本読み!
・・・の前にみんなでしっかり台本を確認します。
片山さんが寝ずに書いた台本をみんなで読んで意見を出し合いました。

DSC_0439.JPG

商店街周遊型演劇ということで、その構成を考えるだけでも一苦労なのです。
しかし、少しでも面白い作品にするため、みな真剣に頭をひねります。

そんな物語がいかなものになるか、ご期待ください!


というわけで、今公演一発目の稽古場日記でした!
これから次々更新されます!お楽しみに!

では!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

めぐってみよう北斎さんのお引越し レポート!:谷口礼子  [すみゆめ]

こんばんは!谷口礼子です!

9/25と10/8に、すみだ北斎美術館のオープン記念プログラム「墨に夢プロジェクト」の企画として、
帰ってきたキューピッドガールズとめぐる『北斎の引っ越しと北斎画の世界』というイベントを開催しました!

シアターキューブリックが得意とする、まちあるきとお芝居のコラボレーションです。

今日は、10/8に行われたまちあるきの様子のレポート!
いってみましょう~!

************************

まちあるきのスタートは、この日もおなじみのキラキラ橘商店街、田丸神社前から。
帰ってきたキューピッドガールズのステージを見ていただいて、さっそくゲストの北斎さんを呼ぼうとすると……

14589970_1141224642632738_7093259522968077338_o.jpg
なんと、前回のまちあるきであまりにも北斎さんのことを知らなかったために、北斎さんが何かの力を使ったようなの!
リーダーのオクヤマ化粧品店が……!
「オクヤマ不動産」になって、引っ越しを続ける北斎さんに延々と物件を紹介しなければいけない身体になってしまったのです(涙)
あの、元気だったリーダーが、こんな姿に……

大変だわ、化け物みたいな北斎さんを捕まえて、リーダーを元の姿に戻さなきゃ!
14589827_1141224899299379_2255613365497977434_o.jpg

というオープニングから始まり、まちあるきがスタート!
生涯で93回もの引っ越しを繰り返したというクレイジーな葛飾北斎さんにせまります。

14633297_1141225402632662_224541006079941660_o.jpg
まず、キラキラ橘商店街を通り、押上駅へ向かいます。

14444951_1141225439299325_4467520231665577216_o.jpg
押上駅からお隣の駅、錦糸町へ。
錦糸町駅北口の真ん前の通りを歩いていくと、津軽稲荷神社がありました。
14567556_1141226785965857_1737627681442342686_o.jpg

ここで一人目の北斎さんが出現。
物件を紹介しろと迫る北斎さんにリーダーが紹介したのは、「広い」部屋。

でも、北斎さんのお気に召さなかったようです。
14599929_1141055125983023_1407740681_o.jpg
全員出てきて「引っ越し」の大合唱。
困るわ!リーダーはやっぱり不動産屋のまま。
14589783_1141226895965846_6546028776766385569_o.jpg

気を取りなおして、「北斎通り」を歩きます。
ここは江戸時代「本所割下水」という名前の掘割があって、北斎さんはこの近くで生まれたといわれています。

通り沿いの「北斎茶房」さんでは、北斎さんが大好きだった大福、そしてどら焼きを味わいました。
14646761_1141055145983021_27532220_o.jpg

雨が激しくなってしまって、軒下でしばらく雨宿りをした後、再出発。
14599869_1141055152649687_184590686_o.jpg

これが11/22オープンの北斎美術館!
14571827_1141055159316353_531237536_o.jpg

特別に開館前の建物をちょっとだけ近くで見せてもらいました。

ひがしん(東京東信用金庫)さんの壁には北斎ギャラリーが。
さながら街なかの美術館です!すてき!
14560007_1141227799299089_8886531454055802793_o.jpg

榛(はんのき)稲荷神社の近くにも、北斎さんが住んだことがあるそうです。
ここは昔は馬場といって、馬術の調練場で、そのまわりに榛の木がいっぱい植わっていたんですって。

ここに二人目の北斎さんが出現。
オクヤマ不動産が物件を紹介しましたが、
14590114_1141228822632320_2532527829047839052_o.jpg

以前に住んでいた家だっだそうです。(実話)
だめです。リーダーはやっぱり不動産屋のまま。

仕方がないのでお弁当を食べましょう。
14556753_1141229632632239_3732347784996499517_o.jpg

オーガニックな、女子力の高いお弁当でした。
こんにゃくの味噌でんがくが載っていたのは、ごはんを面倒くさがって、店屋物や、食べやすいものしか食べずにひたすら絵に集中した北斎さんをイメージしているそうです。すごい!

お弁当の後に訪れたのは、勝海舟生誕の地。
北斎さんとはちょっとずれますが、すみだといえば、勝海舟さんも有名なんです。

幕末の偉人になりきる、帰ってきたキューピッドガールズ。
(左・山岡鉄舟 中・陸奥宗光 右・坂本龍馬)
14615600_1141229859298883_7803050272964146233_o.jpg

両国橋のたもとで3人目の北斎さんが、やっぱり物件を紹介してほしいとやってきました。
14524570_1141230779298791_7278071890747173312_o.jpg

相撲部屋を紹介され、ボコボコになる北斎さん。
リーダーはやっぱり不動産屋のまま。

こ、河野!?
14615776_1141231325965403_6646384435178334828_o.jpg

そして、
隅田川の川沿いで船に手を振ったりしながら進みます。
14589644_1141231342632068_3835241947846425328_o.jpg

ここでアイスさんが合流!
14633590_1141231429298726_7459409401696014462_o.jpg

すると川沿いに!
なんかいる……!!
14468498_1141231752632027_6442707851608960145_o.jpg

北斎さんがみんなで絵を描いていました。
14589602_1141232765965259_5643303346679405776_o.jpg

4人目の北斎さんが話しはじめます。
「儂はこの街の景色が大好きなんだ」
うなずく帰ってきたキューピッドガールズ。

「あれ?」
……いつのまにか、リーダーが元の姿に戻っています。
「リーダの商売は?」 「化粧品屋に決まってるでしょ。」
14589680_1141232589298610_1260094059303631884_o.jpg

よかった~。

北斎さんにも詳しくなったし、リーダーも元に戻ったし、ばっちりね!
「すみだの街を元気にするため すみだの商店街を守るため 私たち本気です 帰ってきたキューピッドガールズと 葛飾北斎です!」

大団円でした~。
14589611_1141232825965253_2847432001817326877_o.jpg


今日の北斎さんたちが実際に書いた絵も見せてもらい、
川と空の風景は、夕日へ。
朝の雨が嘘のように、気持ちのよい天気となりました。
14589638_1141234635965072_6171631493492768873_o.jpg

2回にわたっておこなった葛飾北斎まちあるきは以上で終了。
一度しか行わないイベントでしたが、お芝居も用意して、男性陣は自転車ですみだを駆け回り、
なかなかおもしろいイベントになったかな~と思います。

また、どこかで北斎さんにお会いしたいなあ。


レポートは、鳥の谷口、こと、谷口礼子でした。

【完】

(記録写真提供・山村厳さん)
※参加者のみなさんのお写真は、許可を得て掲載しています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北斎画からみるすみだのいまむかし レポート!:谷口礼子 [すみゆめ]

こんにちは!谷口礼子です!

9/25と10/8に、すみだ北斎美術館のオープン記念プログラム「墨に夢プロジェクト」の企画として、
帰ってきたキューピッドガールズとめぐる『北斎の引っ越しと北斎画の世界』というイベントを開催しました!

シアターキューブリックが得意とする、まちあるきとお芝居のコラボレーションです。

今日と明日の二回連続で、二日間のまちあるきの様子を、私・谷口がレポートしようと思います!

************************

さてー!
9/25朝は朝市からのステージで、寝ぼけ眼もようやく覚めた頃、
いよいよ葛飾北斎まちあるきのスタート、ということで、
まずは早速、北斎さんを呼んでみました!(早っ)
14555935_1134989723256230_995931504_n.jpg

「北斎さーん!」

すると……!?
14568956_1134989713256231_845645843_n.jpg

なぜかたくさんの爺たち。みんな自分が北斎さんだと言い張ります。
この中の誰かが偽物だって言われた瞬間……
14568999_1134989779922891_1122192295_n.jpg

に、にげたぁぁぁあっっっ!

けしからんです。
というわけで、みなさんと一緒に、偽物の北斎を捕まえるべく、私たちは街へ出発しました。
そう、和菓子のもくだ堂も久しぶりに参加よ!
14585433_1134990809922788_3670315_n.jpg

まずちょっと電車に乗って、鐘ヶ淵へ。
北斎さんはすみだの外れのこの辺の絵も描いていたんです。
北斎さんの絵を巡り、木母寺へ。

おや?
14593396_1134991623256040_1034395270_n.jpg

でました!偽物かもしれない北斎さん!
うさんくささが漂っています。
「私は絵師よ。」

ここで仰天事実発覚。
リーダーはなんと、北斎が歌詠みだと思ってたんですって!(※台本上の設定です 笑)

うそだあ!
皆さんご存じだと思いますけれども、葛飾北斎は絵描きです。
イラストレーターみたいな、漫画家みたいな仕事もしていました。
……だ、大丈夫。そのくらいみなさんご存じだわ!
14569746_1134991649922704_1956784899_n.jpg

すみだにはこ~んな看板がたくさん建っていて、歩くだけで北斎さんのしてきた仕事が分かるんです。

いろんな絵を巡りながら、北斎さんの描いた当時のすみだの風景を想像しました。

隅田川神社では、また一人、リーダーがヘンな北斎さんを捕まえました。
リーダーの嗅覚はすごいんです。
14580346_1134992573255945_1676502985_n.jpg

北斎さんは自分の名前を弟子に売ってお金にしていたので、ものすごい数の名前があったそうです。
有名どころでは為一(いいつ)、画狂老人、春朗、卍、etc……。
14509179_1134992533255949_80176713_n.jpg

この絵「雪月花隅田」を書いた時は「為一」と名乗っていたそうです。
14593425_1134993676589168_731204779_n.jpg

和気藹々のおいしいお弁当タイムを挟み、
※掛け紙はメニューの書かれた特別バージョン☆
14555952_1134993716589164_467736058_n.jpg

お次は川沿い、三囲(みめぐり)神社へ。
三井家(財閥)の守護神社としても有名なこの神社には、三越のライオンがいます。
14569643_1134994886589047_891123316_n.jpg

かわいい!

そこへ……
14555920_1134994859922383_1461866620_n.jpg

もはや北斎かどうかすらわからない人が現れます。
見た目はアレですが、「これからいっぱい絵を描くんだ!」って夢を語っていました。
偽物だとは思うけど、夢は伝わるような……!

さあ、デザートには「長命寺の桜餅」をどうぞ~!
14543445_1134993736589162_229410227_n.jpg

そして、牛嶋神社へ。
この辺は古くから「牛嶋」と呼ばれていて、それは飛鳥時代、この辺りが牛がたくさんいる牧場だったことが由来だそうです!

と、今度はこわい北斎さんにリーダーが捕まえられてしまいました!!
大変です!
14569875_1134996239922245_1771886710_n.jpg

北斎さんたち「とことん葛飾北斎オタクになってもらうまで、この女は返さない!」
14555965_1134996209922248_516192640_n.jpg

ということで、9/25のまちあるき内容はここまでで終了。
北斎さんの絵をたくさん見て、もりもり歩いたまちあるきでした。
お疲れさまでした!

次回10/8までにさらに北斎さんに詳しくなっておくことが求められています。
さあ果たして大丈夫なのか、帰ってきたキューピッドガールズ!?

明日、10/8の模様をお届けする予定です!
【つ・づ・く☆】

(記録写真提供・山村厳さん)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご予約開始いたします!帰ってきたキューピッドガールズとめぐる! 『北斎の引っ越しと北斎画の世界』 [すみゆめ]

いよいよ!もう間もなく!!

帰ってきたキューピッドガールズとめぐる!
『北斎の引っ越しと北斎画の世界』

のご予約が開始されます。

今回のお申込みにつきまして、
1件のメールにて両日分のお申し込みが可能です。

お申込みメールに必ずご返信がありますのでメールが届かない場合は
シアターキューブリック
Tel:070-5592-4003 
E-Mail:info@qublic.net
までご連絡ください。

リーフレット.jpg
☆9・10月 北斎まちあるき探索ツアー!

すみだ北斎美術館オープン記念プログラム
★☆8月21日(日)10:00~お申込み開始!☆★
特別協賛 アサヒビール株式会社
************************************************
隅田川 森羅万象 墨に夢プロジェクト

帰ってきたキューピッドガールズとめぐる!
『北斎の引っ越しと北斎画の世界』

作・演出 緑川憲仁
************************************************

すみだに残る北斎の足跡をめぐり、北斎と出会う小旅行。

葛飾北斎が生涯のほとんどを過ごしたすみだのまちを、
すみだを愛する帰ってきたキューピッドガールズがナビゲート!
北斎画にあるすみだのまちの「いま、むかし」や、
北斎が生涯90回以上も繰り返した引っ越し先をめぐり、
北斎の「人となり」をまちあるきから探索するツアー。
まちのなかでの不思議な出会いは偶然?それとも必然?!
驚きの出会いに、いつの間にかあなたも北斎と心を通わせることでしょう!

ナビゲーター:帰ってきたキューピッドガールズ
キャスト:伊藤十楽成 千田剛士 片山耀将 榎本悟

【日程】
9月25日(日)北斎画からみるすみだのいまむかし

10月8日(土)めぐってみよう!北斎のお引越し!

10:00~帰ってきたキューピッドガ ールズステージ
10:30集合受付
まちあるき開始10:45~解散15:30頃

【受付】
シアターキューブリックすみだサテライトたちばな館
(墨田区京島3-43-7)

【参加費】
お弁当付き2800円
(まちあるき中の移動費・他飲食代は各自別途ご用意ください)

【お申込み方法】
oubo@qublic.netまで、件名を「すみゆめ○月○日(参加日)申し込み」として、
お名前、ご連絡先(メールアドレスと電話番号)、参加日、をお送り下さい。
1件で複数名のお申し込みの場合、保険加入のため参加者全員のお名前の記入をお願いいたします。
お申し込み後、参加確定の手順をお伝えいたします。
※先着順にて定員数25名になりましたら受付を終了させていただきます。

8月21日(日)10:00~お申込み受付開始いたします!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-』終了!:千田剛士 [ことでん・ひたちなか]

2016年3月25日
僕たちは再び、ここ、ひたちなかの地にやってきました。
ひたちなか海浜鉄道さんからの熱いラブコールを受け、
そう、再び、『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン』を上演です!
次の日より本番開始!始まってしまえばあっという間の2週間でした。

僕(千田)は、今回も「車掌」という役を背任いたしました。
他の役同様に世界を担い、なおかつ、乗客のみなさまと同じ世界を体感していく。
しかし、ただ淡々と乗務員としてスリーナイン号に常駐する身でもあり、
その居所の妙がやりごたえのある役でありました。
お客さまと出会い、この不可思議な世界に導けましたならば幸いです。

th_TOS_0336 2.jpg

この作品の初演は、昨年の11月、秋でした。
シアターキューブリックには珍しく、小雨の日も続きましたが
「今回の作品には雨が似合う」と演出・緑川が言い、
これも演出の内なのだと納得。
確かに、冬の前の物哀しさ、内心しとしと雨降りのキャラクター達の心を写しているようでした。

今回は-spring version-
春らんまん!
しかし、まだまだ暖かさとは程遠く、まだまだピリリと凍てつく部分も残す日々。
ほんの微かに桜が芽吹き、この先々を感じさせます。

th_TOS_0262 2.jpg

「勝田」駅はこの作品の出発駅。

いつのまにか、気づいたころには
『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン』は始まっています。

日常の狭間に、同様に迷い込んでくる登場人物たち。
まるで皆様も出演しているかのように、その隣でお芝居は進んでいきます。

th_TOS_0440 2.jpg

th_TOS_0400 2.jpg


と同時に、春めいたひたちなかの街並みが車窓からのぞき
ストーリーと連動するように、混ざり合うように、めくるめく変化していく。

th_TOS_0580 2.jpg

th_TOS_0736 2.jpg

あっというまに、ひたちなか海浜鉄道の終着駅「阿字ヶ浦」に到着。
次々と登場する人物たち。
目の前で繰り広げられるドラマたち。

th_TOS_0592 2.jpg

th_TOS_0591 2.jpg


同じ空間で体験しながら、作品世界にどっぷりと浸っていく。
これがシアターキューブリック流「ローカル鉄道演劇」の楽しみです。
車掌の身として見ていると車内の様子が手に取るようにわかります。
これは僕だけの特権です。
この作品に参加くださった皆様が
ストーリーを紡ぐ出演者たちと同様、あらゆる表情を見せ、一喜一憂する姿が見られます。



-spring version-
と銘打った今回、脚本に関しては大幅な変更はありませんでした。
どこが春版だったかというと、前述しましたが、
向かう姿勢だったかな?と思います。この点、稽古場でとくとくと話しあったという事ではありません。
秋versionが雨が似合ったように、今回は早春のまだ寒さ残る暖かさ
これからどんどん蕾が開いていくかもしれない感が似合いました。
「-spring version-」そう心に留め、まるで新作のように稽古をしました。



阿字ヶ浦での「まちあるき」もバージョンアップしました。
より、作品を楽しんでいただける形になったかな?
ストーリーの中では「阿字ヶ浦」は登場人物たちにとっての重要なまち。
そこを知る「まちあるき」、そこでのあらたな出会いもある「まちあるき」。

th_FUJI4586.jpg

th_FUJI4636.jpg

まちには生活があります。
僕も歩きましたが、楽しい人との出会いがありました。
犬がわんわん吠えていたり、椿の花が所々に咲いていたり、風が冷やりしていました。
直に出会ったからこそ、たくさんの実感を得ました。
足は棒のようになりました。
温泉に入ったり、美味しいものを食べたりしました。
いつのまにか、このまちの一員になりました。

th_FUJI4688.jpg

th_FUJI4753.jpg


阿字ヶ浦から勝田まで
またストーリーの中へ。

列車に揺られながらの観劇なのか旅なのかの一日。

勝田で出会った頃と、勝田で別れた頃の皆さんは
随分と違った顔をしているなと思いました。
様々で、その人それぞれのストーリーを得たようでした。
でも一様に、良い顔をしてるようで嬉しかったです。

th_TOS_1325 2.jpg


この『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン』という作品は、僕らにとっても手探りの日々でした。
再度の上演とはいえ、まちも人もこないだとは、うって変わっています。
作品だって変わらざるを得ません。
だから、この『ひたちなか海浜鉄道スリーナイン-spring version-』は、新作であったな
と思います。スリーナインシリーズの特色かもしれないと思いますが
毎日、毎ステージ、実に新鮮で、驚きの連続。
一度だって同じステージは無いと言い切れます。それを一緒に体験してもらえて本当に嬉しいです。

th_TOS_0466 2.jpg

th_TOS_0637 2.jpg

この作品の上演が終わり、しばし経ちました。
すっかり春になりました。
あたたかで、新しい事が始まっていく日々。
その前日譚たる作品になっていたのかな?と今だからこそ思います。
いろいろな事を乗り越え、僕らも明日を迎えます。

th_IMG_0907.jpg

th_TOS_0754 2.jpg

また立ちはだかる壁があらわれる事もあるでしょう。
終わらない惰性を感じる時もあるでしょう。
複雑に絡みついた何事かに辟易する時もあるでしょう。

そんな時にまた、ここへ戻って来られたら良いですね。
不思議な列車、スリーナイン号で、旅とも演劇ともつかぬ時間を過ごせたらと。

th_IMG_0927.jpg

th_TOS_0287 2.jpg

この作品を上演するまでに
とても多くの方々のご尽力がありました。
とてもじゃないですが、僕らだけでは出来得ない事だらけでした。
ほんとうに、本当にありがとうございました。


写真:宮内敏行
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
シアターキューブリック Official Siteはこちら⇒
メッセージを送る