So-net無料ブログ作成
検索選択

帰ってきた、長宗我部元親公と。:片山耀将 [「二次元スクリーン劇場」]

『七人みさき』の上演から、五ヶ月。
まだ五ヶ月しか経ってないんですね、、。
昨日のようにも思えるし、随分と前のことのようにも感じます。

八割くらいはセリフ出てくる気がします。(笑)
相手役がいてくれれば☆
元親さんの放つ言の葉は、僕の心にまだ焼き付いているようです。

10月4日に二次元スクリーン劇場として帰ってくる訳ですが、
映像チェック等でちらほら見てみると、全く違う俳優さんがいるような不思議な感覚になります。
そもそも、本番中も勝手にセリフを喋り、勝手に動いている。
そんな感覚ではありましたが。

だから、今、僕は得体の知れない不安を抱いています。

大きなスクリーンとスピーカーで、『七人みさき』という作品を観ることに。
そして、『長宗我部元親』という人間を演じる『片山耀将』という人間を突きつけられる事に。

納得のいく芝居が出来ているかという事じゃなく。

もっと得体の知れない何か。

そのあとのスペシャルイベント、テンションおかしかったらごめんなさい。(笑)

でも、映像とはいえ、お客さんと一緒に作品を観られることは本当にありがたいです。
『お客さんと一緒』という状況じゃなければ、個人的には絶対に観なかったと思う。

『長宗我部元親』という存在と出会って六年。

その思いの全てを注ぎ込んだ作品。

どうか、一緒に観てください。

彼の人生を、共に。
笑って、泣いて、挫折して、決断して。
色んな色んな事を、一緒に。

心の底から、お待ちしております。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
シアターキューブリック Official Siteはこちら⇒
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。