So-net無料ブログ作成

桜島一周 自転車の旅② 片山耀将 [『島津の疾風』]

1383142982608.jpg1383143820569.jpg1383150347180.jpg1383150890564.jpg

はい! 皮ジャン&タンクトップの片山です。



幾多の試練を乗り越え、自転車で桜島を疾走する僕。

スタートは写真左側の桜島レンタカーという表示の近くです。
後半の今日は、画面右側の埋没鳥居付近からです!

ここまで来るのに、およそ一時間半。
おばちゃんのランタイムスケジュールだと、写真右下の端っこまで一時間半で行けたらいいとのこと。
結構まいてるぜ!

まぁ、途中で10分休憩したくらいで、ほぼ走りっぱなしだったから(。・・。)

ここまで来ると、足の筋力も50%くらいになります。

平坦な道だと疲労は感じないんだけど、少しでも登りになると、一気に。
ペダルを踏み込めなくなるですね(笑)
広い道ならジグザグに走れば、結構ラクにクライムできるんですが、、、そんな道幅がない。
いや、しんどかった。

そうこうしているうちにつきました!!!!!!


『埋没鳥居』です!!

大正三年の大噴火で、腹五社神社の鳥居が一日にして火山灰で埋まってしまったそう。
ちなみに本来は三メートルくらいの高さの鳥居だそうです。
掘り起こそうとしたらしいのですが、当時の村長さんが『大噴火の傷跡を残し、後世に伝えてゆくべし』と、そのままになったそうです。
自然て、やっぱり凄まじい。

しかしながら、脅威や恐怖をもたらすと同時にパワーや癒やしも与えてくれるのが自然。

鹿児島に来てから感じていた、下からもっそりと持ち上げられるような感覚はここにきて、更に激しくなっていました。
特にこの埋没鳥居のあたりは神社ですから、なおのこと。
それまでの爆走で、気力・体力共に消耗していたのですが、気力の面でかなりスキッとしました。
リフレッシュって言えば良いんですかねぇ。
すごく気持ちが軽やかになったんです。
もしや、パワースポットなのかな?なんて事を考えつつ後半戦に突入しました。

が!!!!!!!!!!!!

ここでいきなりの大事件!!!!!!!!


Twitterでも、思わず呟きましたが噴火しました。

『ドスンっ』て音がして、パッと火口を見たらこれ。

写真だと見えづらいのですが、火口から渦巻いて噴煙が立ち上ってました。
鹿児島から見たら火口は山の反対側にあるので、噴煙しか見えませんが、ちょうど僕は火口が見える側にいたので。

もちろん、こんな近くで(とは言っても距離はかなりありますが)噴火を見たのは初めて。
言葉を失いました。
太刀打ちできない存在。
我々がどんなに科学を得ようと無力だと実感。

でも、走るしかないんです。

いや、『だから』走るしかない。


そんな俺の心を挫く、半端なく長いクライム(笑)
後ろ向きで撮ったんですが、これ、登れませんでした。
チャリ押して歩きましたよぉぉぉ(T-T)
唯一、徒歩で登った道。

地図でいうと右上から西に向かう道は、海も見えず、ひたすらに山道をクライム&ダウン。
桜島の随所にある避難壕で休憩しながら走りました。
もはや、風景を撮るどころではなく、ただただこぐ。
それが終わると、海岸線を走る道へでます。

先ほどまでの地獄のような坂道は姿を消し、のーーんびり。
薩摩剣士隼人のテーマを歌いながら進みます。

そしてそしてっ!!!

ついにゴール☆

ここまでのタイムが二時間四十分。

おばちゃんが開口一番『もう帰ってきたのかい!?』と(笑)
疲労感と安堵で『はい、きつかったです。けど最高でした』としか答えられませんでした。
本当はもっと、伝えたい事あったのにな、、。

そんな心中察してか、『ほれ、飲みぃ』とおばちゃん。

手には缶コーヒー。

今まで飲んだ、どんなコーヒーよりおいしかったよ、おばちゃん!!!!!!!!!!!!!

最後はほっこりと締めくくる事ができました。

道のりはすごくきつかったけど、桜島走れて、本当によかった。

長渕さんが、桜島でライヴ決行した理由がなんとなくわかるような気がした。

もちろん、僕は鹿児島県民でもないし、桜島にも初めて来た。

でも、桜島を走った事で、鹿児島という存在を五感すべてで味わえた。

すげーしんどいけど、また必ず走りたいって思った。

桜島!!

本当にありがとう!!!!!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

シアターキューブリック Official Siteはこちら⇒
メッセージを送る